Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://takejihxp2.blog57.fc2.com/tb.php/108-68994bf0

-件のトラックバック

-件のコメント

[C91]

一番目は、知っていますが名前が出てきません。

二番目は、「カルミン」ではないでしょうか?
炭酸カルシウムとミントが語源。

三番目は、「生せんべい」のような気がします。
京都の八橋の皮だけが層状に重ねられた薄くてやわらかい菓子、せんべいというにはもちもちしすぎています。。。

違ったらすみません。
一番目は、うーん、落花生が入っていれば「豆板」なんですが。。

[C92]

一番目は「大甞飴(たいしょうあめ)」ではないかと予想しているのですが、ゴマが入っていたかどうかが定かでないのと、あのパッケージに見覚えがないので、似て非なるモノかもしれません。
ただ、異様に歯に引っ付く点と、割って食べるというのは激似です。

二番目は、少なくともカルミンじゃないです。なぜならカルミンなら今でも食べているから。(笑)
今でも近所の量販店とかでも普通に売られてるので、時々買って食べてます。
私の記憶にあるお菓子の方は、噛んだ感触としては金平糖に近いザリザリした触感で、文字通り砂糖を噛んでる感じでした。
でも透明じゃなく白い半透明で、時々ピンクや水色といった着色料全開の色のが混ざってました。

で、肝心の三番目は私に記憶がないので、合ってるかどうかは本人に確認してみないと不明です。(^^;)

とりあえずは、大甞飴は今でも買えるので試してみようかと。

こうして考えてみると、昔食べたので名前知らずに喰ってたのって意外とあるなぁ、と。(^^;;)
  • 2009-02-04
  • 竹治
  • URL
  • 編集

[C93]

カルミンじゃなかったのですね。
昔はカルミンだけでなく、ドロップも穴あきでメントスみたいな包装のものがありました。
でも、ザリザリした食感ってのが違いますね。
フエガムやフエラムネは包装が違うし。。。

名前を知らずに食べていたのは、小さなバナナの形をしたラクガンのような、もっと硬い感じのお菓子。色はパステル系でピンクや水色、黄緑などカラフル、これって何?

あと『マンボー』と呼んでいた、ニッキと薄荷の混ざったような白い粉がビニールのチューブに充填されたもの、チューブの両端はむき出しで、不衛生、太いのには龍角散のさじのようなものが刺さっていました。おっげじーの。

[C94] マンボー

ここ↓にマンボーがありました^_^
http://www.carayoko.com/totugeki/maruyoshi/mayoshi.html

[C95]

バナナのような形の、は知ってます。(^^)
ウチの祖父ちゃんが好きで良く買ってましたから。名前は…何だったっけ?(^^;)
今でも普通に売られてますから、今度スーパー行った時に確認しておきますね。
  • 2009-02-04
  • 竹治
  • URL
  • 編集

[C96]

マンボー懐かしいです。余り美味くもなかったのですが、食べてました。^^;
2番目は、同じサイトにあるフルーツCあたりが怪しいと思うのですがどうでしょう?
http://www.carayoko.com/totugeki/matuyama/matuyama.html

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

昔食べたお菓子の名前

お昼にみんなでご飯食べてて、昔食べてたお菓子の話になりました。

男A:「なんか、お祖母ちゃんとかがよく食べてて、横からつまんでよく食べてたんだけど、割と大きな板状の飴で、割って食べるヤツ。」
私:「あったあった、白いのとか茶色いのとかあって…」
その他:「知らんなぁ…」

…名前が出ません。

私:「俺喰ってたので覚えてるのって、小さいリング状のでメントスみたいな入れられ方してる、砂糖菓子。」
残り全員:「それは…知らんなぁ…」

…やはり名前が出ません。

男B:「僕が食べてたのは、ハッカみたいな臭いのする薄い餅みたいなのを重ねてあるお菓子で、層になってるので剥ぎながら食べてたなぁ…」
残り全員:「知らんなぁ…」

結局3つとも名前が出ませんでした。
コレ読んでる人、情報求む!m(_ _)m
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://takejihxp2.blog57.fc2.com/tb.php/108-68994bf0

0件のトラックバック

6件のコメント

[C91]

一番目は、知っていますが名前が出てきません。

二番目は、「カルミン」ではないでしょうか?
炭酸カルシウムとミントが語源。

三番目は、「生せんべい」のような気がします。
京都の八橋の皮だけが層状に重ねられた薄くてやわらかい菓子、せんべいというにはもちもちしすぎています。。。

違ったらすみません。
一番目は、うーん、落花生が入っていれば「豆板」なんですが。。

[C92]

一番目は「大甞飴(たいしょうあめ)」ではないかと予想しているのですが、ゴマが入っていたかどうかが定かでないのと、あのパッケージに見覚えがないので、似て非なるモノかもしれません。
ただ、異様に歯に引っ付く点と、割って食べるというのは激似です。

二番目は、少なくともカルミンじゃないです。なぜならカルミンなら今でも食べているから。(笑)
今でも近所の量販店とかでも普通に売られてるので、時々買って食べてます。
私の記憶にあるお菓子の方は、噛んだ感触としては金平糖に近いザリザリした触感で、文字通り砂糖を噛んでる感じでした。
でも透明じゃなく白い半透明で、時々ピンクや水色といった着色料全開の色のが混ざってました。

で、肝心の三番目は私に記憶がないので、合ってるかどうかは本人に確認してみないと不明です。(^^;)

とりあえずは、大甞飴は今でも買えるので試してみようかと。

こうして考えてみると、昔食べたので名前知らずに喰ってたのって意外とあるなぁ、と。(^^;;)
  • 2009-02-04
  • 竹治
  • URL
  • 編集

[C93]

カルミンじゃなかったのですね。
昔はカルミンだけでなく、ドロップも穴あきでメントスみたいな包装のものがありました。
でも、ザリザリした食感ってのが違いますね。
フエガムやフエラムネは包装が違うし。。。

名前を知らずに食べていたのは、小さなバナナの形をしたラクガンのような、もっと硬い感じのお菓子。色はパステル系でピンクや水色、黄緑などカラフル、これって何?

あと『マンボー』と呼んでいた、ニッキと薄荷の混ざったような白い粉がビニールのチューブに充填されたもの、チューブの両端はむき出しで、不衛生、太いのには龍角散のさじのようなものが刺さっていました。おっげじーの。

[C94] マンボー

ここ↓にマンボーがありました^_^
http://www.carayoko.com/totugeki/maruyoshi/mayoshi.html

[C95]

バナナのような形の、は知ってます。(^^)
ウチの祖父ちゃんが好きで良く買ってましたから。名前は…何だったっけ?(^^;)
今でも普通に売られてますから、今度スーパー行った時に確認しておきますね。
  • 2009-02-04
  • 竹治
  • URL
  • 編集

[C96]

マンボー懐かしいです。余り美味くもなかったのですが、食べてました。^^;
2番目は、同じサイトにあるフルーツCあたりが怪しいと思うのですがどうでしょう?
http://www.carayoko.com/totugeki/matuyama/matuyama.html

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

げっちゃん

Author:げっちゃん
最近パズルにハマって、解く/改造する/考える、をメインにサイトを作ってます。
サイトはこちら

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。