Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://takejihxp2.blog57.fc2.com/tb.php/68-a2fc34e2

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

プラリペアと歯医者

右下の犬歯の奥の歯(?)が虫歯っぽいので、久しぶりに歯医者さんに行ってきました。
30分に二人しか予約できないのもあるんだけど、タイミング良く(?)ちょうど患者さんが私だけだったので、前からずっと気になってたことを聞いてみました。

『(プラリペアと同様の)粉と溶剤を混ぜて使うタイプの詰め物ってあるんですか?』

そしたら、ちゃんとありました。
前にプラリペア側の窓口で聞いた時に『歯医者サンが使うモノがベースなので、人体への影響はまずないですよ』って話だったけど、やっぱり本家から聞いてみたかったので。

タイミング良く私しか居なかったことと、待合室用に置きキューブを追加したのが利いた(笑)のか、目の前で使って見せてくれました。
プラリペアとは逆の使い方(先に溶剤を容器に入れてから粉を入れる)でしたが、ゴム製のカップに入れて粉入れた後はまるっきりプラリペアでした。

ただし最近は歯医者サン用のは進化してるようで、粉を入れてしばらく混ぜてると粘土状になったまましばらく形成できて、その状態で仮の詰め物として歯に詰めてピンセットで粗く取ってから硬化を待ってリューターで微調整、な流れだそうです。
あと、硬度によっていくつか種類もあるみたいで、ネールアートよろしく歯のアート用(?)に透明ラメ入りとかクリアパープルとかもありました。

臭いも嗅いでみましたが、プラリペアと同じ臭いでした。
硬化時に発熱するのとか、粉混ぜて色が作れるのとか、プラスチックと同等の硬度とかまで同じ。
ただし歯に使うので、色のバリエーションの中には黒は無かったです。(笑)

幸い、肝心の歯の方も虫歯ではなくプラ系の詰め物が劣化してただけのようで、削って盛って終わり、でした。(^^)
ただし右下の奥歯の奥っ側に虫歯らしき凹みが見つかったので、ソッチは削れるだけ削って盛る、予定です。(>x<)
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://takejihxp2.blog57.fc2.com/tb.php/68-a2fc34e2

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

げっちゃん

Author:げっちゃん
最近パズルにハマって、解く/改造する/考える、をメインにサイトを作ってます。
サイトはこちら

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。